プロミスで10万円借りたい学生

プロミスは学生でも借りれる

プロミスは大手の消費者金融なので安心感があり、借入したいと思っている学生の方の中には「プロミスが良い!」という方もいるでしょう。

 

やはりお金を借りる際に重要なのは安心できる大手の消費者金融で借りるという事ですからね。あまり聞いたことのないような消費者金融だと、もしかすると闇金という可能性も十分にありますからね。

 

このプロミスは学生の方でも一定の条件を満たすことにおりお金を借りることが出来ます。

 

その一定の条件というのが、

  1. 20歳以上
  2. アルバイトをしている

という2つの条件になります。

 

未成年の学生の方は利用できませんし、アルバイトをしていない学生の方も利用することが出来ません。

 

プロミスの公式サイトでは収入について「定期的な収入のある方」となっていますが、これはアルバイトでの定期的な収入というので大丈夫です。

 

アルバイトも始めたばかりというのだとちょっと審査は通りづらいと思いますので、最低でも2か月以上は続けてから申し込みしたほうが良いでしょう。

 

あと、この定期的な収入というのが「両親からの仕送りでもいいのか?」や「奨学金でもいいのか?」と思う方もいるかもしれませんが、これらは定期的な収入とはみなされませんので、仕送りや奨学金をもらっている方でアルバイトをしていない方も利用することが出来ません。

 

10万円学生が借りれるか?

学生がプロミスからお金を借りることが出来るのは分かったけど、10万円という金額を借りれるのか?というところですが、学生でも10万円借りれる可能性は十分あります。

 

審査にもよりますが学生の場合アルバイト収入のみなので、限度額が10万円程度に設定されることが多いでしょう。

 

総量規制というものが導入されたことにより、年収の3分の1までしか借りることが出来なくなっています。

 

学生をしながらアルバイトをしているとなると月に5万円前後ぐらいの方が多いと思いますが、月に5万円のアルバイト収入ならば年収で60万円という事になります。

 

60万円が年収だと3分の1で20万円が限界で借りれる金額です。

 

この金額は最大の金額であり、審査により限度額がこれ以上多くなることは絶対にありませんが、少なくなるという事は十分に考えられます。

 

10万円を借入したい場合だと、年収で30万円は必要なので、月に最低でも2万5千円ほどのアルバイト収入は必要という事になりますね。

 

この総量規制の年収の3分の1というのを目安にして、いくら借りれるのか?という予測を立てておくといいでしょう。

 

という事になり、プロミスで学生が10万円借りれる可能性は十分にあるという事になります。

 

これらの条件に当てはまる学生の方は以下のボタンからネット申し込みするといいでしょう。

 

スマホ申し込み

 

 

プロミスの申し込み方法

プロミスの申し込み方法として「来店申し込み」「電話申し込み」「ネット申し込み」の3種類がありますが、学生の場合は特にネット申し込みが主流でしょうね。

 

年配の方でスマホなどの利用が苦手な方は来店したり電話で申し込みしたりというのも考えられますが、学生ならば誰もがスマホは持っているでしょうし、入力も余裕でできるでしょうから、ネット申し込みするのが良いでしょう。

 

ネット申し込みは申し込みボタンを押すと、入力項目がいくつか出てきますので、その入力項目を埋めていって申し込みするだけです。

 

24時間365日いつでも申し込みできるようになっているので、アルバイトの休憩中でもいいですし、学校の休憩時間などちょっと空いた時間を使って申し込みしておくことが出来ます。

 

審査の際の注意事項

在籍確認をとれるようにしておく

プロミスでお金を借りる際の審査には在籍確認があります。

 

アルバイト先が休みの時間帯の場合は、社会保険証や給料明細の提出で確認できる場合もあるのですが、学生の場合アルバイトですので社会保険証で確認という訳にはいきません。

 

ですので、アルバイト先への在籍確認は必須と思っておいたほうが良いです。

 

この在籍確認が取れないと審査に通ることは出来ませんので、在籍確認が取れるようにしておいたほうが良いです。

 

電話対応する人が分かれば、その方に在籍確認がある旨を伝えておくとスムーズです。流石に「プロミスからの在籍確認がある!」という事は言いづらいと思いますので、「クレジットカード会社の在籍確認がある」という事を伝えておくといいでしょう。

 

在籍確認も「プロミスですが○○さんいらっしゃいますか?」という連絡ではなく、個人名で「斎藤ですけど○○さんいらっしゃいますか?」というように電話がかかってきます。

 

ですので、どこからの在籍確認かというのもわかりませんし、そもそも在籍確認という事が分からない場合も多いです。

 

派遣で働いているという方は、派遣先ではなく給料をもらっている派遣元に電話がかかってきますので、派遣元に在籍確認があるという旨を伝えておくといいでしょう。

 

嘘の情報は入力しない

当たり前のことではありますが、申し込みの際に嘘の情報は入力してはいけません。

 

他社借入があるのにないというようにしたり、アルバイトをしていないのに適当な勤務先を書いたり、未成年なのに20歳としてみたりというような嘘ですね。

 

お金を借りたいという状況になった以上、どうしても借りたいというのは分かるのですが、嘘の情報を入力してもすぐにバレて審査にすぐに落ちるという状況になってしまいます。

 

ですので、嘘の情報入力は絶対にやめましょう。

 

スマホ代の滞納歴はないか?

過去にスマホ代を滞納していた経験がある方は、金融事故を起こしたことになりブラックの状態になってしまっている可能性があります。

 

スマホ代と言っても本体代は一括で支払っている方は問題ないのですが、スマホの本体を分割で交友している場合はブラック位なる可能性があります。

 

ですので、過去にスマホ代を滞納していた経験がある方は、もしかするとブラックになっていて審査に落ちる可能性もありますよ。

 

即日融資が可能

プロミスは最短1時間での融資も可能となっていて、即日融資が可能となっています。

 

契約することが出来れば、原則24時間振込可能となっています。

 

銀行って15時までしか振込できないのでは?と思っている方もいるかもしれませんが、今はプロミスは土日祝日や深夜でも振込できるようになっているのです。

 

ただ、24時間いつでも審査をしているという訳ではありませんので、即日融資希望の方はなるべく早く申し込みしておくことが大事です。

 

20時までに申し込みが完了してしまえば、審査がスムーズにいけば即日融資が可能となっています。

 

審査をスムーズにするためには、ネット申し込みで入力ミスをしないようにしたり、在籍確認をスムーズにとれる体制を整えておきましょう。

 

郵送物なしのカードレスでも利用可能

プロミスは郵送物なしのカードレスでも利用ができるようになっています。

 

ですので、Webですべて完結しで郵送物がありませんので、郵送物から家族にバレるという心配もありません。

 

学生の方は両親にバレないかな?という心配をしている人は多いですからね。

 

このWeb完結をしたい方は、ネットで申し込みして口座振替による返済を選択すればいいだけです。

 

カードレスでの借入方法ですが、自分の銀行口座に振込してもらう振込キャッシングもありますし、契約後にスマホアプリをダウンロードしてセブン銀行ATMでキャッシングすることもできるようになっています。

 

プロミス体験談

田舎から東京に大学で上京した私にとって、東京での生活の日々は楽しすぎる毎日でした。

 

友人もたくさんできましたし、遊びに行く場所もたくさんありますからね。

 

ただ、その分お金がかかります・・・。

 

仕送りしてもらいつつアルバイトもしていたのですが、仕送りは最低限の生活費で消えていきますし、アルバイト代だけでは足りないことも多かったです。

 

そういった時に利用したのがプロミスでした。

 

大手の消費者金融ですし、長い間営業しているので安心できるかなと思って。

 

ちょっと恐る恐るネット申し込みしたのですあ、驚くほど簡単に借りれてしまいました。

 

限度額10万円となっていました。

 

ついつい使ってしまって、結構あっという間に限度額の10万円まで使ってしまったのです。

 

この時に反省してしばらく遊びはやめて、アルバイトを多めに入ってなるべく早く返済してしまいました。

 

プロミスって凄く便利なんですけど、ついつい使いすぎてしまうという事は気を付けないといけないなと思いました。

 

page top